ブラックジャック攻略
ブラックジャックのルール解説。

賭け金をまず自分で決めてテーブルに置きます。

ディーラーはカード2枚をプレーヤーに表向きにして配ります。

ディーラー自身には1枚を表向きにして、もう1枚はふせて、合計2枚を自分自身に配ります。

これでゲームを開始するための準備ができました。

ここからプレイヤーは3枚目以降を引くかどうかをディーラーのカードを見ながら決めていきます。

カードの数え方

絵札(K、Q、J)と10→すべて10としてカウント
エース(A)→ 1または11として、状況に応じてプレーヤーの都合のよい方に自動的にカウントされる
2から9→ そのままの数でカウント

ゲームの目的

自分の手持ちカードが合計「21」、またはできるだけ「21」に近づけることです。「21」を超えると自動的に負けとなります(バースト)。

最初に配られる2枚のカードの合計が21より小さければバースト(21を超えること)せずに21に近づけるため、好きなだけカードを引くことが出来ます。自分の満足の行く数字になった時点でスタンド(カードを引くことをやめる)し、ディーラーの結果を見守ります。

ディーラーはディーラーのカードの数の合計数が、16以下の場合はカードを引き続けなければなりません。また、ディーラーは、17以上になったら、スタンド(カードを引くのをやめる)しなければなりません。

ディーラーより21に近ければ勝利です。また、ディーラーが21以上であなたが21以下ならあなたの勝ちです。


ブラックジャックの特殊結果

■ ブラックジャック→最初の2枚のカードが、エースと10としてカウントされるカードの組み合わせであれば、プレーヤーはブラックジャックとなり、ディーラーもブラックジャックでない限り、賭けたチップの1.5倍が払われます。

■ プッシュ→ディーラーとあなたの数字が同じ場合は引き分け(プッシュ)になります。

ブラックジャック用語

■ HIT(ヒット)→もう1枚カードを引くこと。

■ STAND(スタンド)→それ以上カードを引かないで、ディーラーとの勝負にでること。

■ SPLIT(スプリット)→プレーヤーが、最初に賭けたチップと同額のチップ(100ドルの場合、もう100ドル)を追加して賭けることにより、最初に配られた2枚のカードを2つの手に分けること。 2枚のカードは等価値でなければなりません(例:9のペア、キングとクイーンの組み合わせ、等)。

注意点は、2つの手に分けたあと、エースと10の価値があるカードの組み合わせができても、「ブラックジャック」とはみなされません。

■ DOUBLE(ダブル)→プレーヤーが、最初に配られた2枚のカードを見て、最初に賭けたチップと同額のチップ(100ドルの場合、もう100ドル)を追加して賭けることを選択することができます。この場合、あと1枚だけカードが配られます。手が「ブラックジャック」のときは、ダブルダウンすることはできません。

■ INSURE(インシュア)→ディーラーの表向きに配られたカードがエースのとき、最初に賭けたチップの半額(100ドルを駆けていたら50ドル)を追加すると、インシュランス(保険)がかかります。

通常、ディーラーが「ブラックジャック」だと確信するときには、インシュランスをかけます。インシュランスをかけていれば、ディーラーが「ブラックジャック」であった場合、保険金が2対1で支払われます。ディーラーが「ブラックジャック」でないときは、保険金のみ没収されます。

■ PASS(パス)→今回のハンドにインシュランス(保険)をかけないこと。もし、ディーラーが「ブラックジャック」の場合、プレーヤーがインシュランスをかけていなければ、賭け金は没収されます。ただし、プレーヤーもディーラーも両方が「ブラックジャック」つまり「引き分け」の場合は、プッシュとなります。
        
公式サイト
ロビー画面
ルーレット
ブラックジャック
スロット
Copyright 2019 © OnlineCasinoExtra.com All Rights Reserved